2017年07月02日

シギチ

暑い!暑い!7月に入った途端むちゃくちゃ暑い!
ってこのセリフ、去年の7月5日のブログとほぼ同じ出だし顔(イヒヒ)

おかげさまで、先月は中旬までお世話が途切れず、ブログに載せていないお世話も複数あるなど、なかなかハードな月でした。

そうそう3月から痛かった坐骨神経痛は、ほぼ治りましたGood
結局「椎間板ヘルニア」ではなかったんです。
でも、3月上旬の痛さはたまりませんでしたよ〜。
4ヶ月かけて、少ーしずつ少ーしずつ治っていった感じです。
腰痛の8割は原因がわからないらしいので、私はそのグループだったみたいですねあせあせ(飛び散る汗)


今さらですが(これも去年の7月5日のブログと同じセリフ)4月25日にお気に入りの場所に行って撮っていたシギ、チドリの写真です。
どんだけ前なん(>_<)


P4252329.JPG


P4252338.JPG

            タシギ


P4252347.JPG


P4252350.JPG

            オグロシギ


P4252372.JPG


P4252357.JPG

            タカブシギ



P4252377.JPG

            コチドリ


P5102457.JPG

            チュウシャクシギ


このお気に入りの場所には、お世話の帰りにたまに寄るのですが、5月〜6月はオオヨシキリの「ギョギョシギョギョシ」が、あちらこちらで聞こえていました。

暑くて、これからはここには行けません顔(汗)

また大好きな秋にお邪魔させてもらいます黒ハート



ニックネーム ベジバード at 17:39| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月30日

鳥インフルエンザ

去年の秋から、日本中で発生している鳥インフルエンザ。
鶏の殺処分のニュースを聞くたび、胸が締め付けられる思いですもうやだ〜(悲しい顔)
その原因としてやり玉にあげられるのが渡り鳥。
鳥をこよなく愛している私にとって、渡り鳥を悪者にされるのはとても悲しい事です・・・。

鳥インフルエンザに対する罹患率が、鳥の種類によって違うと思います

鶏は罹患率は高いし、10年程前に韓国でトモエガモも大量死しました。
また出水のツルは、今日現在24羽と低い。
毎年のように鳥インフルエンザが発生するけど、毎年10数羽。
20の大台になった今季が一番多いんですよねぇ顔(泣)
たまに、公園のハクチョウが死んで鳥インフルエンザが検出されるけれど、これも数羽程度。
猛禽類の死体からも検出されるのは数羽程度です。

トモエガモが弱いのは謎ですが、そもそも野鳥はウイルスに強いのではないでしょうか?
鶏は、ブロイラーとして身動きも取れないようなケージに入れられ、ストレス満載で不健康に育てられたせいで、罹患率が高くなったのではないでしょうか?

可哀想な鶏さん・・・被害者ですよ!




先月から今月にかけて撮りためていた鳥たち〜黒ハート

P1042184.JPG

            ヘラサギ


P3261149.JPG

            イソヒヨドリ


P4051208.JPG

            シロハラ



P4290493.JPG

            カササギ



ニックネーム ベジバード at 13:30| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月08日

ハチクマの渡り

今年もこの季節がやってきました!
先月中旬から、毎日空を見上げる日々が続いていました。
もう終盤ではありますが、まだ少数が渡っているようです。

私の観察は、一応昨日で終わりました。

今年は今までになく、観察地点へ足しげく通いました〜。
(2014年9月30日のブログに、その観察地点の説明をしています)
台風や雨の日は、もちろん行ってはいませんが、仕事がある日はその合間をぬって、仕事がない日はお弁当持参してまで観察していました目

しかし世の中うまくいかないことがあるもので、後日会った野鳥の会の方から聞いた話によると、私が行けなかった日に限って1000羽以上飛んだり、低くすぐ近くを通ったりしていたようであせあせ(飛び散る汗)

あ〜見たかった見たかった〜顔(泣)

来年こそは感動のシーンを写真に撮ってみたいです!


P9261928.JPG


P9301938.JPG


PA021947.JPG


PA021949.JPG


私のデジカメでは、せいぜいこんなもんです顔(え〜ん)

私の頭上を飛んだ群れもあったのですが、なんせ高い!
あ〜カメラを買い替えたいよ〜あせあせ(飛び散る汗)
でも何度見ても感動の渡りなのです!


結局今シーズン総計400羽程を私は見送りました。

最強の台風18号が五島列島の近くを通った10月4日、朝はまだ穏やかな気象だったため、五島列島の福江から1400羽以上のハチクマが、中国へ渡るため東シナ海へと飛び立ってしまいました。

皆の無事を祈るばかりですもうやだ〜(悲しい顔)

そして、みんな揃ってまた初夏に日本に渡ってきてくれると信じています。




ニックネーム ベジバード at 23:06| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする