2017年11月09日

祝!SOLD OUT

私は四季の中で秋が一番好きですが、中でも11月は特に大好きな月です。

なんといっても紅葉がたまらないのです黒ハート

IMG_0092.JPG

これはモミジバフウ、別名アメリカフウとも言います。
うちのマンションから見下ろす所にあって、毎年紅葉を楽しませてもらっています紅葉

これはスマホで撮っているので、本当の美しさがお伝えできないのが悔しいですが、モミジバフウの紅葉は絶品です!

市内の紅葉の名所といえば油山があります。

実は、ここにももっと大きなモミジバフウがあるのですが、大きい分美しさは圧巻です顔(メロメロ)

油山には「もみじ谷」といって、その名の通り谷全部がもみじという場所があり、その真ん中を吊り橋が架かっていて、写真を撮るには絶好のポイントです。
ここもムチャクチャ綺麗ですよ〜顔(メロメロ)

なぜ油山に詳しいかというと、私は約10年前「油山自然案内人」という、油山の自然の素晴らしさを市民の皆さんに伝える、というボランティアをやっていたからなのです顔(笑)

油山は、今がまさに見頃だそうですよ〜ぴかぴか(新しい)


福岡市近郊で紅葉の名所と言えば、他に「雷山千如寺大悲王院」があります。
ここの樹齢約400年の大楓もかなり見事です!

038.JPG

これは4年前の写真です。

やっぱり写真では美しさがでませんねーふらふら
ってか、私のカメラの性能のせいですが顔(イヒヒ)

皆さん、この美しさを是非ご自分の目で見てこられませんか?



ところで、私のネットショップの商品が、先日やっと初めて売れました〜ぴかぴか(新しい)
もう〜感謝感激雨あられ・・・古っ。

SOLD OUTの文字を見るのが夢でした〜(笑)
いや〜よかったよかった・・・ってたった2個で満足してはいけんですな。

今月は新製品がぞくぞく?入荷予定です!

皆さま、是非お立ち寄りくださいませm(__)m


ニックネーム ベジバード at 17:49| Comment(5) | その他日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月30日

ミルクボランティア大募集!

先週、今年の「福岡市動物取扱責任者研修会」に参加してきました。

私は動物取扱責任者なので、年1回のこの研修会への参加は必須なのです。
今年で私は6回目の参加になります。

毎年議題にあがるのが犬猫の殺処分数。

それもそのはずで、今までの福岡市の犬猫の殺処分数は全国ワースト1位。
ですが、この10年で10分の1以下にまで減りました。

これには、保護団体の方々の並々ならぬ努力があります。
感謝の一言につきます。

平成28年度の犬猫の殺処分数は306匹。
内訳は犬が13匹、猫が293匹です。
ですが犬の13匹は、実際には収容中に死亡したのが8匹、病気や怪我で譲渡もできなかったのが5匹なので、福岡市では実質的殺処分数は0としています。

そして猫ですが、293匹中同じように収容中の死亡が72匹、譲渡不適が34匹なので、実質的殺処分数は187匹。

その187匹すべてが離乳前の子猫です。


福岡市では2016年度から「ミルクボランティア」を大募集しています。

これは、20政令都市の中で9番目に福岡市も取り組みだした事業です。
センターに収容された哺乳が必要な子猫(およそ1週齢〜1ヶ月齢)を、おおむね2ヶ月齢に達するまで、お家で健やかに育てていただいて、またセンターに戻します。

人間に馴れた可愛い子猫は譲渡しやすくなるというわけです。

ですが、今年9月末現在で登録しているボランティアはわずか25組。
研修会でも、今後さらに増やしていく必要性を訴えていました。

私も登録しようか迷いましたが、なんせ2~3時間おきの哺乳、排せつの補助などを考えると、仕事を持っている身にはなかなか厳しく、さらにわが家にいる超ビビりーなニャンズに、かなりのストレスを与えてしまうことを考えると、やっぱり諦めるしかありませんでした。

今後、全国に普及すると思われるミルクボランティア。

時間に余裕がある方、ぜひぜひ考えてみてくださいm(__)m



それと同じように必要と思うのが、ペットショップでの生体の販売禁止!!

ずーっと以前からどうにかしたくて運動でもしたくて・・・。

悪質ブリーダーの存在がある限り、捨て犬捨て猫問題は変わらないでしょう。

母親を子供を産む機械かのような扱いをして、産めなくなると遺棄する。

遺棄するのはブリーダーだけではありませんが、奥深い山で遺棄された犬猫は、運がいいと保護団体のもとまでたどり着きますが、多くは飢えと寒さで死んでいくでしょう。

安易に生き物が買える場所は要らない!!

新しく犬猫を飼おうと思ったら、10人に1人でも保護されている子を迎え入れると、殺処分がなくなると言われています。

IMG_1808.JPG

新しく家族として迎え入れて、安らかな猫生を与えてあげてください。


ニックネーム ベジバード at 13:33| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月24日

台風の日に

一昨日、まだ雨も風もないうちにと、友人とお出かけしてきました。

まずは「共に生きようプロジエクト2017」の会場へ。

「福岡の猫、人、街の未来を見つめる2日間」と題して福岡県獣医師会、福岡市獣医師会、福岡県、福岡市共催のイベントです。
福岡で活動されている動物保護団体のパネル展示やショップがあり、ステージではバンドや合唱団の歌が披露されていました。

たくさんの人ごみの中で知り合いの外国の方を見つけ、ぺちゃくちゃオシャベリ(日本語でです顔(イヒヒ)
また、掛かりつけの動物病院のスタッフの方たちとも会ったり、アンケートに答えただけで猫のご飯やオモチャをもらったりと、とても楽しい時間を過ごさせてもらいました。

そして、最後に立ち寄ったパネルが私の足を止めました。

ある身寄りのない一人の高齢者がネコちゃんを飼っていたのですが、ある日その方が入院することになり、残されたネコちゃんの面倒を、関係があったケアマネさんたちが引き受けてくださり、それを機に、このような高齢者の方たちの救いの手になろうと立ち上げた団体のパネルだったのです。

足を止めた私に、声をかけてくださったケアマネさんの話がとても心に響きました。
実は私はヘルパーの資格を持っていて、以前担当していた利用者さんにも似たようなケースがあったのです。

なんか、血が騒ぎだしましたよ(笑)
近く事務所に顔を出すことをお約束しました!




そして次に向かった先は「ふくろうカフェ」

IMG_1783.JPG


IMG_1780.JPG


IMG_1787.JPG


IMG_1788.JPG


IMG_1784.JPG


IMG_1785.JPG


初めて行ったのですが、まー可愛いことったら黒ハート
全部で20羽程いました。
乗せることができる全種類を手に乗せて、友人と写真の撮りっこでした顔(笑)
くりくりのお目目で見つめられて、もーとろけそうでしたよ〜顔(メロメロ)

ただ・・・自然を愛し野鳥を愛する私としては複雑な思いがありました。

てっきり本物の木などを置いて、フクロウさんにストレスを与えないような環境下で飼育されているものとばかり思っていました。

風も通り抜けしない全くの人工物だらけの空間に、足はヒモで結ばれていて不自然に止まらせられている。
羽は切られていないのに飛ぶスペースもない。
そしてもちろん店内には木1本ありません。

これでは動物園のフクロウの方がまだ幸せです。

帰り道、ずっとこのことが頭から離れませんでした・・・。


夕方、家に帰ってしばらくすると、まるで台風が直撃したかのようなものすごい暴風雨になった福岡市でした。


ニックネーム ベジバード at 11:45| Comment(0) | その他日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする